【SS】クリオ○

男「俺クリオ○見てみたいんだよね」

女「えっ…//どうしたの急に//」

男「?だからクリオ○見たいんだよね、友達が彼女とのデートで見たって言ってたから羨ましくて」

女「へ、へぇ…変わってるね…」

男「そうか?恋人同士だと定番だと思うけど」

女「そ、そうなんだ//そ、それは私のを見たいってこと?//」

男「えっ?」

女「えっ?そういうことだよね?//」

男「もしかして飼ってるの?」

女「えっ」

男「器具とかも揃えたってことだよね?」

女「う、うんバイブは買ってあるよ」

男「バイブとかいるんだ…結構お金かかるんじゃないの?」

女「でも機械使った方が好きだから//」

男「えっ好きとかの問題なの?」

女「えっそうじゃないの」

 

男「飼ってるの?じゃあ見に行くわ!」

女「み、見るだけでいいの?//」

男「もしかして触ったりしていいの!?」

女「い、いいよ//」

男「いやーでもそれは悪いわ、それで死んだら弁償出来ないし」

女「えっ死なないよ!?」

男「えっそうなの?」

 

男「それってどれぐらいの大きさなの?」

女「えっ//結構大きいって言われるかな//」

男「大きく育てるの時間かかるでしょ」

女「小学校の頃から(オナニー)してるからかも//」

男「えっそんなに長イキすんの?!」

女「えっ小学生からずっとじゃないよ?」

男「何回も(飼育)してるんだね」

女「そうだね//」

 

男「色とかどんな感じなの?」

女「恥ずかしいから言いたくない//」

男「そんなにクリオネ○好きなの?」

女「普通言いたくないよ//」

男「どうせ見に行くから教えてよ、」

女「ピンクかな//」

男「透明な部分もあるよね」

女「液は出てくるね//」

男「そうなの?どんなとき?」

女「Hな気分になったときかな//」

男「えっクリオ○ってそんな気分になんの!?」

女「そうだよ//」

 

女「クリオ○見にくるなら親居ないときだね//」

男「親いたらまずいの?」

女「まずいよ//」

男「まさか親に見せてないとか?」

女「もちろんでしょ//」

男「えっそうなんだリビングで(飼育)してるものだと思ってた」

女「そんなわけ無いじゃん//」

男「じゃあ週末行くわ」

女「うん//」

 

家訪問編へ続く

禁欲生活を始めようと思う

最近、あらゆる欲を垂れ流しの生活をしている。

そんな生活をしているとその欲を満たしたときの喜び、満足感は薄れていく、それだけじゃなく日常の幸せもかすれてしまうような気がするのだ。天気が良かったとか、猫を見かけたとか、少し美味しいものを食べたとかそんなSNSに乗せるほどでもない喜びが埋もれてしまう、そんな気がする。

 

とりあえず、この記事を始まりに禁欲生活を始めようと思う、具体的な対処法について書いて終わる。

  • 生産的な活動を代わりにする(自慰→筋トレ、動画鑑賞→PCの勉強、小腹空いたら→料理)
  • チェックリストを作る
  • 人に監視してもらう
  • 誰かに見られていることを意識する

 

まずは一週間、いい報告が出来たらいいなぁ

定期的に弱くなる

今自分には何もない、これなら負けないという活動も、趣味も、勉強も、運動も。

そんなことを考えてしまうと自分のすることは全て良くない結果を生むんじゃないかと思ってしまうから考えすぎる前にやめるのだ、それを逃げと言ったらそれまでだが。

 

最近ふとしたきっかけで中学の頃よく聞いていた曲を聞いた、音楽は不思議なもので特定の期間繰り返し聞いた音楽を聞くとその頃どういう性格だったか、考えだったかが蘇るような気がする。中学の頃はよく暗くなりやすかったのでその頃を思い出したのか最近はあまり味わっていなかったダルさが出て気付いた。

それがきっかけで昔よく見た動画等をネットの海を漂い、漁っていた。良くない傾向である。

そろそろ受身の趣味は卒業して創造的な趣味を身に着けないといけないなと思う。

 

後、前回「コミュ力ついたw」みたいなイキった記事を上げていたが、自分は誰とでも人と関われば関わるほど弱くなっていく気がする、人から言葉だけで認められるのは誰だって出来るのだ、特にネットなんて表面だけの言葉が全ての世界だと自分が最大限に認められていると思い込むのは容易だ。自分は一人じゃなくて全体とかそのジャンルに認められたい。

 

というよく分からないケツイを胸に今日も一週間が始まる。

 

以上

最近ぼくに起こった変化

最近、自分が変わっているのを感じる。

原因は色々ある、その中でも大きな原因は精神科に通い始めたことだと思っている

僕は日々の漫然とした生きづらさを感じていた、忘れ物が多い、提出物を完成できない、遅刻をするといったことだ。

調べると自分がADHDではないかと疑い始めた、そこで親には内緒でこっそり行き始めたのだ(今はきちんと伝えている)

結果はADHDであるということだった、そこで僕はストラテラというADHD用の薬をもらい、今一ヶ月ほど飲み続けている、精神的に作用するものなので劇的な効果があるかといえばそうとは言いづらいが、実際遅刻、寝坊する回数は減ってきている。(課題を山積みにするのは相変わらずだが)

 

僕は精神科に行って良かったと思っている、としADHDであるという逃げ道を用意したかっただけなのでは?と言われると否定はしづらい、ただ、僕は精神科でその特性(ADHDであること)と向き合うことで行く前は「自分は発達障害かもしれないから(こんなの)出来なくてもしょうがない」と思ってしまうことが多かった、文字にするとどうしようもないクズな思考だが、でも行ったあとは「自分は治療してるんだから他の人と同じように振る舞えるはず」と自信につながったと思う。

 また治療に進展があれば書いていこうと思う。

 

もう一つ変わったことと言えば、少し前に比べて社交的になったと思っている、とは言っても自分が会話を上手く出来ている自信は無いが、人に話しかけることや話を続かせることを苦に思わなくなった。これは春休みが暇でしょうがなかったのでツイキャスの誰でもコラボに時間を費やした結果だと思っている、誰でもコラボについて説明すると、ランダムで知らない人と通話ができるというものだ。アプリの斎藤さんに似ている。最初は緊張するが、初対面の人でも心を開いて話すことに慣れてきたように思う、とは言ってもある程度コミュ力が必要な感じはするが。

 

ただ少し不安なことは自分が昔から人の関係に依存してしまいがちなことだ、いい距離感を保って友人と付き合っていきたいと思う

 

以上!

【教習の話2】終わりはいつも突然

修了試験、合格しました。

終わってみればあっけなかった。

実技、学科ともに大きなトラブルもなく終了。

 

今回の修了試験でMT車を受けた人は4人居たんだけど受かったのは自分一人だったので私が前に一回落ちたことを流すいいきっかけになった

後、学科試験は50問100点満点の90点合格だったんだけど100点満点の人が結構居たみたいで皆当たり前の努力はするんだなと思った

私は前日に修了試験の模擬試験を92と94で合格点を一応2回連続で取ったから受かると確信して試験に臨んでいた、でも思えば学科試験の点数を90点取ることが大事なんじゃ無くて、学科の内容を100点満点で頭に入れることが大事ということに終わってから気づいた。

100点を目指す勉強と90点を目指す勉強は大きく違う……自分は合格点が取れそうになると勉強をやめる、努力が中途半端になっていることに自己嫌悪をしていた。

 

後、僕は今まで学校の授業を聞いて理解が出来ないような科目はほぼ無かったので、塾のバイトなどで自分が言ったことを理解してくれない人の気持がわからなかったのだが、実技教習の方で自分がまさに「先生の言うことを理解出来ずに変なやり方で車を運転する生徒」になったことで生徒の気持ちが分かったとともに、教官の教え方からも学ぶことが多く、いい経験になっている。

 

何はともあれ残り2ヶ月、教習で苦しむことはもうあってはならない、春休み中は毎日教習所に行こう。